福岡・山口・大分で正直な遺品整理を致します

0800-200-3500

最新の遺品整理

故人も依頼主も喜ぶ
正直な遺品整理をします

スタートから現在に至るまでの17年間「故人に対して誠意を込めた遺品整理」を目標にしております。
残された方に1日でも笑顔が取り戻せるよう、誠意と正義を持って対応させていただきたいと思います。

代表 村上 隆

遺品整理を依頼するのは初めてで、どの会社に依頼すれば良いか迷うところです。
経験14年の遺品整理専門会社からみた良い業者の見分け方を5つの判断基準で
解説しますので、
よろしければ参考にしてください。

多くの遺品整理専門会社は自分たちの会社概要を公表し、責任を持って一生懸命に活動しています。

自社の概要も明かさない様な会社は一度問題が起これば姿を隠す可能性もあります。
代表者の氏名がない等の責任追及が出来ない場合も同様です。会社の設立年月日も確認してください。
概要も分からない会社は避けた方が無難でしょう。

質問しても「担当者から連絡させます」としか答える事が出来ない会社。
担当者が忙しく不在の場合もありますが、多くの場合は経験不足の
素人会社だと思います。お問い合わせの受付とは相談の窓口です。
遺品整理専門会社の相談窓口に素人を置いていること自体おかしな話しで、
会社のレベルは相談窓口の対応で判断できます。
※沢山の質問(知っている事も含めて)を準備して電話してみてください。
優良事業所であれば誠意ある回答が返ってきます。

供養品の予定がある場合には、電話で、いつもどこの
神社仏閣で執り行なっているのかを聞いてみてください。
即答できなければ供養をしていない可能性もあります。
また、個別供養は神社仏閣に必ず「昇神料」「お布施」を包んで納めます。
安すぎる供養費にも注意をしてください。供養の依頼をした場合には
供養日時・供養場所・連絡先などを必ず担当者から聞いて
メモを取り確認する事も一考です。

見積もりには営業担当者が来て、作業は作業専門のスタッフが行う会社もある様ですが、
現場スタッフが
作業指示書を見ながらの作業では、ご依頼者の想いまでを反映されることが難しいのが現状です。
何気ない話の中の一言の「約束」を実行するためにも!「約束」を言った言わないの食い違いを防ぐため
にも
必ず見積者が作業にも参加する会社をお勧めいたします。

また、遺品整理料金に大きく係わるのが、作業を行う人数です。
3~5人といったような曖昧な人数ではなく、必ず明確な人数提示を指示してください。
遺品整理一式と記入した見積書も存在しますが、
別に明細書を必ず作成してもらってください。
明細書を出さない会社は何を基準に料金を出しているのかさえ疑問です。

料金表示で「2万円」などと記載されている場合は基本料金のみで、
処分費・運搬費などは別料金と言う会社もある様です。室内のクリーニングも別途料金で加算され、
請求料金を提示されてビックリする事の無い様に注意してください。
必ず見積もり料金以上の支払いが一切無い事と、
契約書には「別途請求」項目の有無を確認し、
記載されていれば削除要請をしてください。契約書は必要で遺品整理も契約です。
後々のトラブル防止の意味でも契約書を交わせる業者を選定しましょう。
また、契約書を持っていない業者は避けましょう。

以上、「失敗しないポイント」をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?
最後に、遺品整理専門会社とは遺品整理に特化し、遺品整理に関連する事だけを生業としています。
豊富な経験で的確なアドバイスもしてくれるでしょう。
有名、無名に関係なく貴方のまわりにも必ず優良会社は存在するはずです。
今回の「失敗しないポイント」が少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

キューネットの作業日誌

日々の遺品整理・生前整理・ゴミ屋敷整理の様子をご紹介致します。
ご依頼に感謝し、今日も正直な作業をします。